【JR西日本】あわや大惨事!!神戸を襲うアクシデント!!新駅「摩耶駅」で事故!?

本日12月11日午後1時5分ごろ、兵庫県神戸市灘区のJR東海道線の六甲道-灘間にあるJR摩耶駅の新駅建設現場付近で、足場部分が崩れ、下り線の線路を塞いでいるのを、下り方面の快速電車の運転士が発見。

非常ブレーキをかけて手前で停車した。現段階ではけが人は確認されていない。当時その電車には約600名の乗客が乗っていた模様。

wst1512110051-p3

JR西日本からは、新駅の建設現場の足場が崩れ、新駅南側に走っている2本の線路のうち1本に、がれきが縦横3メートル程度覆いかぶさったとの発表。

このアクシデントに伴い、がれきで覆われていない線路を走行中の新快速電車も、現場付近で停車を余儀なくされ、乗客約800人が電車を降り、徒歩で避難しているという。

wst1512110051-p4

JR西日本は東海道線甲子園口-西明石間で運転を見合わせている。

新駅の摩耶駅は、東の六甲道駅まで1.4キロ、西の灘駅まで0.9キロに位置する。

ホームの上に駅舎を設置する橋上駅舎で事業費約40億円。

平成28年春に開業が予定されている。

スポンサーリンク

フォローする