【タカタ製エアバック】リコール対象車『日産エクストレイル』が事故!!異常破裂でけが人!!

自動車メーカーの日産自動車からタカタ製のエアバックの異常破裂の事故についての発表がありました。

10月28日、静岡県伊東市の国道を走行していた日産の「エクストレイル」(スポーツSUV)2006年製がトラックに追突する事故が発生し、その際、タカタ製のエアバック(助手席側)が異常破裂し、助手席に搭乗していた女性が頭や左腕に怪我をした。

日産の発表では

「ガス発生装置の金属片が飛び散っており、けがはエアバッグの異常破裂が原因となった可能性が高い」としている

また、この2006年に生産されたエクストレイルは、今年5月にリコール対象となっている。

2006年製

この事故車は、8月に販売会社に届けられていたようだが、その際、ガスの発生装置の気密性に問題は無いとしてされたようだが、タカタ製のエアバックの大規模リコールにより、交換部品が欠品中であったため、交換が後回しされた可能性がある。

スポンサーリンク

フォローする