【神田沙也加】小室哲哉と新ユニット!! 新曲は沙也加の歌唱力頼みか??

20151025-00000308-oric-000-2-view

音楽プロデューサーの小室哲哉が、音楽ユニットTRASTRICKのボーカル・神田沙也加、トラックメーカー・tofubeatsと新ユニット「TK feat. TK」を結成し、新曲「♯RUN」(ハッシュラン)を完成させた。

小室と初共演した神田は「世代的にも小室さんの作った曲をたくさん聴いてきたので、お話をいただいた時にはすごくワクワクしました」と感激した。

同曲は、JRA日本中央競馬会が今月12日に開設した競馬サイト「umabi.jp」のテーマソングに決まり、きょう26日に同サイトで初公開。

小室が作詞作曲、神田がボーカル、tofubeatsがビートメーカーを担当し、「走る」をテーマにした疾走感、高揚感あふれる楽曲となっている。

東京競馬場がある府中市出身の小室は「昔からよく遊びに行き、親しんでいました。そんな競馬場を野外の音楽フェスに見立てて、そこで皆さんが高揚感を持って楽しめる音楽をイメージして作りました」と説明。

「将来的にはこの曲も競馬場で披露して、より多くの方が競馬に親しんでいただけたら」と構想も明かした。

今月中旬に都内で行われたレコーディングで小室と神田が対面。小室は「神田さんは、ハリがあってひときわ目立つ素晴らしい声質を持っていて、曲で思い描いていたイメージをそのまま表現してくれました」と称賛した。

かねてから小室の大ファンだったという神田は緊張の面持ちながらも「共演する機会をいただけて感激です」と喜びいっぱい。

「曲の中で『走ることが愛しい』という歌詞があり、馬が一生懸命入っているところやお客さんの馬への愛情が飛び交っているところなどをイメージして、思いを込めて歌いました」と目を輝かせていた。

やはり小室さんがプロデュースと言うことで、小室ワールドっぽいメロディーですし、TRASTRICKとしての神田沙也加さんとはまた違った音楽性で新たな一面が見れそうです。

しかし、どんなジャンルの物でも歌いこなしてしまう歌唱力には圧巻です。

スポンサーリンク

フォローする