【埼玉朝霞市】警察官が不倫で金に困り殺人

中野翔太

埼玉県朝霞市で、寺尾俊治さん(58)が殺害された事件で、殺人と住居侵入の疑いで逮捕された県警浦和署地域課の巡査部長、中野翔太容疑者(31)が逮捕された。

寺尾さん拓では1階の耐火金庫は扉が開いた状態で、100万円がなくなっていた。中野容疑者は「カネ目当てだった」と供述している。

刑事課に勤務していた昨年10月に業務で寺尾さん宅を訪れた際、寺尾さんが多額の現金を所有していることを把握したとみられている。

動機の理由としては、不倫相手の女性との間に子供をもうけたとの情報もある。

しかも、その不倫相手は過去の捜査で知り合い、不倫に発展した後、県警内部で処分を受けたにも関わらず、交際を継続していたようだ。

また、中野容疑者の妻も5年ほど前まで県警の警察官だった。

寺尾さん宅のインターホンのカメラに中野容疑者とみられる男がチャイムを複数回鳴らす画像が残されていた。

捜査本部は容疑者が空き巣に入ろうと際に、寺尾さんに見つかったため犯行に及んだ可能性があるとみている。

スポンサーリンク

フォローする