【レッドブル・エアレース】「千葉幕張公園」6月開催。アクセス&駐車場は?チケットはいつどこで購入?

137028

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2016(Red Bull Air Race World Championship2016)が千葉県の幕張公園で開催されます。

世界最速のモータースポーツのワールドシリーズとあって、幕張の周辺はこの2日間は大変な賑わいを見せることでしょう。

そこで、簡単ですがこのイベントについてまとめてみましたので、是非チェックして下さい!!

<試合結果>「空のF1」で日本人パイロットの室屋が悲願の初V!

スポンサーリンク

レッドブル・エアレースについて

レッドブル・エアレースには、

マスタークラスのパイロットが競い合う『ワールドチャンピオンシップ』と、

チャレンジャークラスのパイロットが競う『チャレンジャーカップ』があります。

簡単に言えば、レッドブルの講習を受け、合格した者(チャレンジャークラスのパイロット)が『チャレンジャーカップ』に参加できる。

そして、FAI(国際航空連盟)が運営する国際的な飛行大会で上位成績や、レッドブルの委員会の規定を満たしている者(マスタークラスのパイロット)が『ワールドチャンピオンシップ』に参加することが出来ます。

マスタークラスの方が上位リーグと言うことですね。

パイロット一覧はこちら→ red bull air race pilots

マスタークラスのパイロットに室屋義秀さんという日本の方も参戦しています。

2016年レースカレンダー(予定)

16-128-redbull

第1戦(3/11・12) アラブ首長国連邦(アブダビ)

第2戦(4/23 ・24) オーストリア(シュピールベルク)

第3戦(6/4・5) 日本(千葉)

第4戦(7/16・17) ハンガリー(ブタペスト)

第5戦(8/14・15) イギリス(アスコット)

第6戦(9/3・4) ドイツ(ラウジッツ)

第7戦(10/1・2) アメリカ(インディアナポリス )

第8戦(10/15・16) アメリカ(ラスベガス)

2015年の年間ランキング→ pilot ranking 2015

Red Bull Air Race に使っている機体

EDGE 540: ZIVKO AERONAUTICS, USA

全長:6.3 m 翼長:7.44 m 

ロールレート:420°/sec クライムレート:1.1278 km/min

最高速度:425.97km/h (230kts) 最大G:+/-10G

主翼:カーボンファイバー製対称翼 

V2搭乗パイロット:Bonhomme、Goulian、Ivanoff、室屋

V3 搭乗パイロット:Arch、Chambliss、Dolderer、McLeod、Sonka

Zivko Aeronautics製のEdge 540はアグレッシブでありながら精度の高い操縦が可能な機体で、その性能の高さから、多くのRed Bull Air Raceパイロットが、この単座機に搭乗しています。

MXS-R

全長:6.51m 翼長:7.32 m 

ロールレート:420°/sec クライムレート:1.0668 km/min

最高速度:425.97km/h (230kts) 最大G:+/-12G

主翼:カーボンファイバー製対称翼

搭乗パイロット:Hall、Lamb

EDGE 540に匹敵する性能を持つことから「EDGE Beater」と呼ばれている。

ユニークな特徴は機体が宇宙用カーボンファイバーで組まれている点で、他の機体よりも頑丈で高い耐久性を誇っています。

CORVUS RACER 540

全長:6.57 m 翼長:7.4 m 

ロールレート:440°/sec クライムレート:1.3107 km/min

最高速度:444km/h (240kts) 最大G:+12G/-10G

主翼:カーボンファイバー製対称翼

搭乗パイロット:Besenyei

2010シーズンにデビューしたばかりの比較的新しい機体です。

ティグ溶接されたクロームモリブデン鋼製チューブを使用した機体はまさに高性能ロケットと言えるもので、主翼、尾翼、胴体カバーには、カーボンファイバーを主成分とする高強度を誇る複合材が用いられています。

チケット・アクセスについて

seatmap

・プレミアムスカイラウンジ:35万円

 (2DAYSチケットのみ、特典付)

・スカイラウンジ:25万円

 (2DAYSチケットのみ、特典付)

・クラブラウンジ:15万円

 (2DAYS チケットのみ)

・デラックスシートエリア:5万円

(2DAYS チケットのみ、チェア有)

・A エリア:2万円

(2DAYS チケット)/8000円(予選1DAYチケット)/1万4000円(決勝1DAYチケット)

・B エリア:1万3000円

(2DAYS チケット)/5000円(予選1DAYチケット)/9000円(決勝1DAYチケット)

・B エリア カメラ専用エリア:2万8000円

(2DAYS チケット)/1万5000円(予選1DAYチケット)/ 1万9000円(決勝1DAYチケット)

・ファミリーエリア:30,000円(2DAYSチケットのみ・4名入場可)

(*写真はクラブラウンジ)

チケットに関しては、見るエリアや決勝1DAYや予選1DAYなどでも価格が細かく設定されていますので、公式ページでご確認ください。

第1弾オフィシャル先行受付[抽選受付)は1/29(金)

↓ ↓ ↓

公式レッドブル・エアレースチケット

アクセスの方法

電車およびバスでのアクセス方法

JR京葉線(海浜幕張駅)からは 徒歩15分 バスで3分(プレナ幕張マリーンズストア海浜幕張店前より)

東京駅より各駅で約40分・快速で約30分
蘇我駅より各駅で約15分

JR総武線(幕張本郷駅)からは バスで10分(幕張本郷駅①乗場より)

新宿駅から各駅で約55分
千葉駅から各駅で約15分

京成千葉線(幕張本郷駅)からは バスで10分(幕張本郷駅①乗場より)

京成上野駅から京成津田沼駅で乗換え約40分

JR総武線(幕張駅)からは バスで15分(幕張駅②乗場より)

新宿駅から各駅で約60分
千葉駅から各駅で約10分

JR総武線(稲毛駅)からは バスで25分(JR稲毛駅⑤乗場より海浜交通バス)

千葉駅から快速で約5分

電車時刻表

JR京葉線 海浜幕張駅時刻表

JR総武線 幕張本郷駅時刻表  幕張駅時刻表

京成線 京成幕張本郷 京成線 下り 平日 

    京成幕張本郷 京成線 下り 土曜日/休日

    京成幕張本郷 京成線 上り 平日 

    京成幕張本郷 京成線 上り 土曜日/休日

車でのアクセス方法

【東京・市川方面から】

東関東自動車道、習志野インターチェンジより約5分
京葉道路、幕張インターチェンジより約5分
一般道路 R357号 (案内看板あり)
一般道路 R14号 (案内看板あり)

【千葉方面から】

東関東自動車道の湾岸千葉インターチェンジより約5分
京葉道路の幕張インターチェンジより約5分
一般道路 R357号 (案内看板あり)
一般道路 R14号 (案内看板あり)

周辺駐車場

駐車場名 収容台数 料金 営業時間
幕張海浜公園駐車場
(Dブロック)
833台 普通車600円 8:30-17:30
4月〜6月は8:30〜18:30
7月〜9月は8:30〜19:30
※プロ野球時は試合終了後1時間まで

幕張海浜公園駐車場
(Fブロック)

590台 普通車600円

8:30〜21:00
※ナイター開催時は最大23:00まで

幕張メッセ駐車場 6,000台 普通車1,000円 8:00〜23:00

スポンサーリンク

フォローする