「まさに泥沼」たかじん元マネが幻冬舎と百田氏を提訴!!元弟子には300万円の支払い判決下る!!

wst1510280107-p1

故やしきたかじんさんのの元マネジャーの男性(49)が28日、たかじんさんの闘病生活を記した作家、百田尚樹氏の著書「殉愛」で名誉を傷つけられたとして、、発行元の幻冬舎と百田氏を相手取り、1100万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

今回の訴状によると、百田氏から一切取材を受けていないのに、著書では「真実」として発言したかのように紹介され、虚偽の内容で読者に多大な誤解を招いたと主張している。

この日、大阪市内で報道陣の取材に応じた元マネジャーは「百田氏は僕のことを知らず取材もせず、これだけのウソをノンフィクションとして本にした。怒りというよりも不思議でならない」と話した。

これに対し、幻冬舎総務部と百田氏は「訴状が届いていないので、コメントを差し控える」とのこと。

たかじんさんをめぐっては、同日、妻のさくらさんが、元弟子の男性(57)のインターネットラジオでの発言をめぐり1000万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁が元弟子に300万円の支払いを命じる判決を出したばかり。

元弟子は控訴する方針を決めており、“提訴合戦”は泥沼化の様相だ。

スポンサーリンク

フォローする