【 iPhone 6s】搭載の『A9』サムスン製の比率高に対し台湾が!!見分け方は?

s_8d6daacb929b49dab613f21acb75fce4-e1441985657200

台湾の行政機関がPhone6s/6s Plusに搭載されているA9プロセッサの大半がサムスン製だったことに対し、アップル社に情報開示を求める発表をした。

行政機関は公式ページにて「動作確認テストは義務付けられていない」としつつも、

通信業者に対し、「消費者の懸念を払拭するべく、TSMC製とサムスン製の測定テスト結果を、それぞれアップルが速やかに提出するよう」と督促を行っていることを明らかにしました。

A9プロセッサとは

米アップル社のiPhone 6s / 6s Plusに搭載されている新型プロセッサのことを指します。

プロセッサとは人間の体で例えると頭脳にあたります。

プロセッサの能力が高いと、処理するスピードが速くなるので、操作がよりスムーズになります。

そして今回その製造を担当しているのメーカーが2社あります。

・Samsung 社名:サムスン 

 国:韓国  

 型式:APL0898  

 ダイサイズ:96mm²

・TSMC 社名:台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー 

 国:台湾 

 型式:AAPL1022

 ダイサイズ:104.5mm²

今回、問題になっているのがアップル社の物なのに、中に入っているプロセッサが違うということ。

同じ規格の物を違う場所で製造しているだけでなく、規格自体が違う理由です。

両者の違いは?

製造工程の違いから、TSMC製がサムスン製より若干大きいことが分かっているぐらいで、これまで、両社のチップには性能面ではほとんど差がないとされてきました。

ところが、

一部のバッテリーベンチマークテストにおいて、TSMC製がサムスン製A9をはるかに上回る結果を出していることが明らかになりました。

geekbench_tsmc_samsung_a9-e1444251371154

左がTSMC、右がサムスンのA9チップを搭載

 テストによっては、バッテリーの持ちが約2時間も変わってきます。

「同じテストを何度か繰り返したが、結果は変わらなかった。毎回2時間の差が出た。どちらの電話も同じバックアップ、同じ設定で実験した。新しい電話でも実験したが、同様の結果が出た」(Redditユーザー)

そうなると、TSMCがあたりで、サムスンがハズレとなってしまいますが、

サムスン社の比率は世界的には60%程度ですが、日本では約47.5%と言われています。

台湾に限っては約79%と群を抜いて高い割合になっています。

a41c9740e4b02f7357581a9f7fb7d4c7-1-e1445085858784

特にiPhone6s Plusでは、約91%がサムスン製という著しい偏りがあります。

自分のiPhone 6s / 6s Plus はどっちのプロセッサ?

そうなってくると自分のiPhoneはどっちのプロセッサを搭載しているか気になりますね。

そこで、このアプリを使うとすぐに自分のiPhoneがどっちのプロセッサを搭載しているかわかります。

「App Store」でダウンロード

model

そこでホーム画面の「Model」を確認します。

上記の赤〇の表記が

【TSMC製】
 ・N71mAP

 ・N66mAP

【Samsung製】
 ・N71AP

 ・N66AP

 となります。

購入時点では、知るすべは現状ありませんが、もし中古などを購入する際には分かるでしょうし、引き取り価格などにも影響してくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする