「帰ってきた村上ファンド」が大量保有7銘柄の株価は今後はどうなる?

img_868e9855dea702343e12b51eb12d89a3205932

先日まで「帰ってきた村上ファンド」と再び市場では騒がせていた、かつての『もの言う株主』村上世彰氏(56)が相場操縦をした疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が今日25日、渋谷区の関係先に強制調査が入りました。

村上氏の長女・村上絢氏(27)が代表を務める「C&Iホールディングス」とともに、新たに株の大量保有を進め、最近の動きでは、今年3月期に4期連続の増収増益を果たした電子部品商社・黒田電気の株価を昨年11月から大量に買い進めていき、同12月には約5%の株を保有し、さらにファンドと個人保有も含め、約16%まで買い増やしたとされる。

今年の6月に会社経営陣に対し、臨時株主総会を招集を要求し、さらに株主還元の強化やM&Aによる半導体業界の再編、村上氏ら4人を社外取締役に専任することなどを含めた”要求”で「帰ってきた村上ファンド」として話題になりました。

結果8月に行われた臨時株主総会で社外取締役の選任は秘訣されましたが、株主配当は1株36円から94円に跳ね上がり、その間も株価は上がり続け「旧村上ファンド」の影響力を見せつける形となりました。

結果的に「旧村上ファンド」に群がる投資家たちがこの勢いに油を注ぐ形となったのでしょう。

旧村上ファンドが大量保有する7銘柄

黒田電気以外の「村上銘柄」にも注目が集まっていますが、報告書によると村上氏が中心となって積極的に投資されている銘柄が7つあります。

ゴルフ場運営会社・アコーディア・ゴルフ

半導体商社・三信電気

エレクトロニクス商社・エクセル

自動車部品メーカー・ヨロズ

メディア事業・セブンシーズ・ホールディングス

金融サービス・日本証券金融

この7つの株価が今回の強制捜査の影響でどうなっていくのかが、投資家たちの気になるポイントになることは間違いないでしょうね。

ちなみに各会社の前日比を見てみると、

ゴルフ場運営会社・アコーディア・ゴルフ

1,159 前日比-16(-1.36%)

半導体商社・三信電気

1,418 前日比 -109.00 (-7.14%)

エレクトロニクス商社・エクセル

1,752 前日比 -98(-5.30%)

自動車部品メーカー・ヨロズ

2,423 前日比 +20(+0.83%)

メディア事業・セブンシーズ・ホールディングス

1,476 前日比 -14(-0.94%)

金融サービス・日本証券金融

661 前日比 -8(-1.20%)

スポンサーリンク

フォローする