ダルビッシュ有の弟『翔』野球賭博で逮捕!!さらに余罪も??

ダルビッシュ有投手(29)の弟が野球賭博をしていたとして逮捕された。

胴元として手数料5,000万円を集めていたという。

賭博開帳図利などの疑いで逮捕されたのは、大阪・藤井寺市の自営業・ダルビッシュ セファット・ファルボット 翔容疑者(26)ら8人。

ダルビッシュ 翔容疑者らは2014年9月ごろから、セ・パ両リーグやメジャーリーグの試合で野球賭博をしていた疑いが持たれている。

ダルビッシュ 翔容疑者は、胴元となって、16人の客から、あわせて5,000万円の手数料を取っていたほか、自らも現金をかけていたとみられる。

ダルビッシュ 翔容疑者はダルビッシュ 有投手の弟で、警察は、ほかに関係者がいたかを含めて捜査している。

素行の悪さは地元でも有名

ref_m

1989年3月12日生まれ

身長:182cm

体重:99kg

格闘家としてデビューしたときのリングネームは『Dark翔』とヒール的なネームです。

過去にも逮捕歴があり、Darkとは名ばかりではない感じですね。

〇 中学時代には暴走族の一員として、強姦事件や非行三昧で、結果、少年院へ行く羽目に

〇 19歳の時に、知人の建設会社に強盗目的で侵入し、その会社の人に見つかり、刃物で切りつけ、強盗致傷でまた逮捕される。

〇 二十歳になり兄・ダルビッシュ有のコネでMLBとの交渉事務所に入社。

(この頃にキックボクシングジムに入り、格闘技に目覚める)

〇 22歳で大麻所持の容疑で逮捕されるが、所持していた大麻の量が少量だったため処分保留になる。

〇 その後すぐ知人女性の顔を殴るなどの暴行を加え、全治10日間のけがを負わせ逮捕。

(23歳で格闘家デビュー)

デビュー戦は判定負け、次戦ではKO勝利をおさめている。

〇24歳の時、知人の少年(19)を仲間と共謀して顔を殴るなどの暴行を加え、傷害罪で逮捕。

これだけ見ても4回も逮捕されていますし、今回の野球賭博の容疑となると、さすがに兄・ダルビッシュ有の顔に泥を塗ることとなるでしょう。

弟の賢太(俳優)も最近は芸能活動をしていないようですが、偉大な兄と厄介者の兄を持つ弟としては今後の活動にも影響していくことでしょう。

スポンサーリンク

フォローする