すごい!!実はこの『ランボルギーニ』の正体は!?

a0051152_74110883

スタイリッシュなデザイン、心揺さぶるエンジン音。

スーパーカーの中のスーパーカー。

そんなファンを魅了して止まない“ランボルギーニ”。

そして、このド派手な「真っピンク」!!

どんな人が乗っているのか気になる所だが

その前に、

???

なにか気になる感じが

???

そう!!

a0051152_74110885

実は、この“ランボルギーニ”ならぬ“ダンボルギーニ”の材料は「段ボール」。

製作したのは宮城県石巻市の段ボール加工会社で、今年5月から仕事の合間を使い、11月にほぼ原寸大のレプリカを完成させたというから驚きです。

01424-1

しかし、本物と比べてみてもかなりの完成度ですね。

a0051152_74110886

a0051152_74110884

ヘッドライトとテールランプにはカットしたアクリル板を使用し、通気口やエンジンフード、ホイールなど、約500のパーツで精巧なまでに再現されていますね。

「石巻から面白い情報を発信したい」

都市部への人材流出が止まらない地方から、誇りに思える物を作りたい――。

そんな思いが込められています。

「弊社のある桃生町は石巻市中心部から離れています。農村地域であって、活発な商工業がない。20代前半の志ある若者たちはみんな外へ出ちゃうんですよね。そういう守っていくものしかないという状況にある中、『あの大人たち、なんか面白いことやってるな』と若い人に思ってもらって、世界に通用する技術を持っている会社だということをPRしたかったんです」

今野英樹社長(43)

石巻ではまだまだ震災からの復興が遅れている部分があり、震災についてもだんだんと関心が薄れていく中、石巻の桃生町から面白い情報を発信できたらと社長の今野さんは語っています。

エンブレムに描かれているのは

a0051152_74110882

メガネをかけた乳牛がエンブレムに描かれているところなどは“洒落”が効いてますね

a0051152_7411088

本家はこの闘牛がシンボルです

12月23日にJR石巻線女川駅前の商店街に今野梱包のショールームがオープンするそうで、そこにこの“ダンボルギーニ”はしばらくの期間展示される予定です。

スポンサーリンク

フォローする