【ハウス食品】『ココイチ』カレー専門店(CoCo壱番屋)を買収で子会社化!!

20140514222732e63

ハウス食品グループ本社は30日、カレー専門店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋をTOB(株式公開買い付け)で子会社化すると発表した。

ハウスは現在、壱番屋の発行済み株式の19.55%を保有しており、TOBで51%まで追加取得する。

取得総額は約300億円となる見込み。

ハウスは11月2日から12月1日まで壱番屋の普通株を1株6000円で買い付ける。

ハウスは壱番屋のブランド力を生かし、国内の外食事業に本格参入する。

両社は中国でカレー店を共同展開するなど連携してきた。

壱番屋は1978年創業。

5月末の従業員数は752人。

CoCo壱番屋は国内に1218店舗(9月末)あり、あんかけスパゲティやハンバーグの店なども展開している。

今年5月期の売上高は440億円、営業利益は46億円、純利益は27億円。

フランチャイズ店舗を含むグループの店頭売上高は899億円。

買収による株価の変動は

ハウス食品グループ本社(株)

現在値(15:00)

2,096 前日比+38(+1.85%)

前日終値 2,058
始値 2,069(09:00) 
高値 2,107(14:08) 
安値 2,062(09:17) 
出来高 279,100(15:00)
売買代金 583,250千円(15:00)
値幅制限 1,558~2,558(10/30)
株)壱番屋
現在値(15:00)
5,370 前日比±0(±0.00%)
前日終値 5,370
始値 5,380(09:00)
 
高値 5,400(12:54)
 
安値 5,370(09:03) 
出来高 26,900(15:00)
売買代金 144,933千円(15:00)
値幅制限 

4,370~6,370(10/30)

 

この数値だけを見ると、両社とも大きな変化もなく安定しているように思われます。

今後、外食産業にハウス食品が展開していき、将来的には海外進出も加速するかもしれないので、そのあたりも考慮するべきかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする