【ディズニー】NEWアトラクション施設が2020年春に(美女と野獣・ソアリン)

東京ディズニーランド&ディズニーシーを運営する株式会社オリエンタルランドの公式ページで「2023ありたいすがた」計画において、2014年以降の来場者数が想定よりも早いペースであったことから、2023年の計画を2020年に前倒しすることになったと発表がありました!

この施設開発計画への総投資額は750億円レベルになる見込みだそうです。

昨年の秋に大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に来場者数を初めて超されたいうニュースがありましたが、あれで日が付いたのかな?と思ったのですが、

どうやらあの比較はディズニーランドvsUSJであって、ディズニーシーを含むディズニーリゾート全体は計算に入っていないようです。

とはいえ、USJの勢いは年々凄みを増していますが、2020年と言えば、そう、東京五輪がありますね。

ただでさえ、たくさんの人が訪れるのにディズニーまで加わるととんでもないことになりそうですが、一体ディズニーの施設がどのように変わるのでしょうか?

スポンサーリンク

東京ディズニーランドの施設開発計画

現在トゥモローランドにある「グランドサーキット・レースウェイ」や「スタージェット」、一部の飲食施設と商品施設を閉鎖し、ファンタジーランドの新エリアとして大型アトラクションを有する「美女と野獣エリア(仮称)」が導入される。

 

また、ライブエンターテイメントシアターをオープンさせ、隣接するトゥモローランド、トゥーンタウンにもNEWアトラクション、NEWキャラクターグリーティング施設を導入する予定。

東京ディズニーランド/東京ディズニーシー今後の開発計画について

 

「美女と野獣エリア(仮称)」

ディズニー映画の『美女と野獣』の世界を体感できる新エリア・ファンタジーランドがオープンします。

 

このエリアには、野獣の住む城やベルたちの住む村があり、まるで映画の世界に入り込んだような風景が広がっています。

野獣の住む城にはディズニー映画『美女と野獣』をテーマにした日本オリジナルの大型アトラクションが導入されるほか、ベルたちの住む村にはショップやレストランがオープンします。

ファンタジーランド新エリアの全景

(エリア導入施設)

大型アトラクション・ショップ・レストラン

(アトラクションの形式)

ライドタイプの約8分の体験

美女と野獣エリア(仮称)」の街並み
大型アトラクションの外観
大型アトラクションの体験シーン

ライブエンターテイメントシアター(名称未定)

ライブエンターテイメントが繰り広げられる東京ディズニーランド初の本格的な屋内シアターがファンタジーランドの新エリアにオープンします。

絵本から飛び出してきたようなこのシアターでは、ディズニーキャラクターたちによる東京ディズニーランドオリジナルのエンターテイメントプログラムが繰り広げられます。

(シアターの形式)

ライブエンターテイメントシアター

(定員)

約1500名

ライブエンターテイメントシアターの外観
ライブエンターテイメントシアターの内観ライブエンターテイメントシアターの内観

『ベイマックス』をテーマにした新アトラクション

 トゥモローランドには、ディズニー映画『ベイマックス』をテーマにしたライドアトラクションがオープン。

アトラクションの隣には、東京ディズニーランド・シーを通じて初めてのポップコーンの専門ショップがオープンします。

宇宙をテーマとしたこのショップでは複数のフレーバーのポップコーンを販売します。

(アトラクションの形式)

ライドタイプの約1分30秒の体験

『ベイマックス』をテーマにした新アトラクションの体験シーン

新キャラクターグリーティング施設(名称未定)

トゥーンタウンにはミニーマウスのキャラクターグリーティング施設がオープンします。

新キャラクターグリーティング施設の体験シーン

ファッションデザイナーとして活躍するミニーマウスのスタジオを訪れ、見学したり道具に触れることが出来る。

最後にはオシャレなミニーといっしょに写真を撮ることが出来る。

東京ディズニーシーの施設開発計画

メディテレーニアンハーバーに、シミュレータータイプの大型アトラクションを導入します。

また、このほかにもアトラクションやエンターテイメントプログラムの刷新やリニューアルを実施する予定です。

メディテレーニアンハーバーの新アトラクション

海外のディズニー・テーマパークで高い人気を誇る大型アトラクション「ソアリン(仮称)」を導入。

東京ディズニーシーではオリジナルのシーンも加わった最新の映像が楽しめる。

(アトラクションの形式)

シミュレータータイプの約5分の体験

「ソアリン(仮称)」の外観

「ソアリン(仮称)」の体験シーン

 

感想とまとめ

 いつでも人気のディズニーがさらにとんでもないことになりそうですね。

2020年に前倒しが成功すれば東京オリンピックと重なりますし、相当な賑わいになるでしょうね。

伊勢サミットをはじめ、テロなどの標的にだけならないことを祈りたいです。

スポンサーリンク

フォローする