【ピコカセット】スマホで『忍者じゃじゃ丸くん』価格3980円~って高くね~??発売日は?

スマホのイヤホンジャックに差し込んで遊ぶ『ピコカセット』で往年の人気作『忍者じゃじゃまるくん』が復活する発表がありました。

しかも、そのお値段が3980円(税込)らしいのですが、ちょっとお高くないでしょうか?

昔のファミコン時代ならともかく、スマフォゲームが幅を利かせているこの時代にどういうことなのか?と思いちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

ピコカセット?Makuake?クラウド?

色々聞いたことのない言葉が出て来てちょっと複雑なんですが、なるべく簡単に説明していきます。

『ピコカセット』とは、サイバーエージェントグループである株式会社シロクとBeatrobo, Inc.が共同で開発している商品になります。

クラウドファンディングという、自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションして、そのアイデアへの賛同者に支援という形で資金を集める仕組みです。

そして、ここでも出てきますが、サイバーエージェントが行っているクラウドファンディングが『Makuake』といいます。

そして、今回『ピコカセット』がこの『Makuake』で支援の応募をスタートしたわけですね。

支援のコースには限定50名の『デバッガーコース』(3980円)、限定2000名の『デバッガーコース』(4980円)、プロモーターコース(5980円)、デザイナーコース(9800円)、スーパーデザイナーコース(9800円)、ディレクターコース(19800円)、プロデューサーコース(29800円)、コーディネーターコース(39800円)、限定3名のエグゼクティブプロデューサーコース(998000円)があります。

『ピコカセット』忍者じゃじゃまるくんの発売日は?

上記の〇〇コースってなんのこと?って思われている方も多いと思いますが、『ピコカセット』の忍者じゃじゃまるくんの発売日は2016年11月予定です。

そして、この発売に当たり開発版を手にすることが出来たり、ゲームのエンディングにあたるクレジットに自分の名前を載せることが出来たりもします。その権利などはコースによって違うようです。

感覚としては株主のような感じでしょうか?支援をしてその見返り=リターンを得る感じですね。

また、お城の城主もそんな感じですね。

改修工事に1口いくらで寄付すると城主になれるあれですね。

忍者じゃじゃ丸くん さくら姫と火竜のひみつ
価格:4353円(税込、送料無料)

感想とまとめ

スマホゲームに負けず昔のゲームが復活するのがファンにとっては嬉しいですね。

カセットを貸し借りすることなんて今は無くなってしまいましたが、これならそういうのも復活するかもですね?

しかし、サイバーエージェントであれば潤沢な資金があるはずなのに、開発自体を商売にしてシムあたりはさすがですね~っと感心せざるを得ませんね。

スポンサーリンク

フォローする