【被害続出!?】パパ活は危険な罠だらけ!?肉体関係なしのパトロンか!!

5oKTXu9xwzCkVZlA4hBUp9yg2MxrHQmzR_XOxcvxqVnHVZ1w3RbK3so29TvhzlLnddGp

『パパ活』という言葉がトレンド入りしていますが、何のことかな?と検索してみると

想像していた方向の真反対の言葉でびっくりしました。

その『パパ活』という言葉は2015年の夏頃から使われている様です。

実は!!女性が選ぶ『なりたい顔』と男性が『恋人にしたい 』は全然違う!!!!

スポンサーリンク

『パパ活』とは一体??

“育児に参加するメンズ=育メン”というのは数年前からよく聞きますね。

育児に参加するに当たっては、それ以外の色々な諸事情などがあったり、時代の流れであったりしますが、とりあえず悪い意味合いではないですね。

しかし、この『パパ活』は全然意味が違います。

『パパ活』=パトロン(援助交際)

のことですね。

登録エントリーして、自分に合う相手を探すようなアプリなどに誘導するサイトも多くあります。

欧米では昔から、映画「プリティウーマン」に代表されるような、Sugardaddy(甘えてほしい男性)と、Sugarbaby(甘えたい女性)の関係が一般的でした。日本でも愛人という関係は古くからありましたが、現在ではもっとカジュアルなパパという関係が主流です。パパはリッチで大人で余裕のある彼氏です。

某サイトから引用

これは某サイトのキャッチコピーでもありますが、

映画『プリティーウーマン』の中に登場する女性の事を表現していますが、映画の設定ではこの女性は“売春婦”です。

『パパ活』は危険??

『パパ活』について書いてあるサイトやブログなどを見る限りでは、

パパ活での報酬や、手軽さなどを謳っているものが多く、中には信憑性を持たせるために体験談や失敗談などもあります。

そして、この後にこのアプリなら出会える!という売り込みをして、そのアプリなどに誘導する流れが多いですね。

実際に色々見ると分かると思いますが、大体決まった大手出会い系サイトに誘導するようになっています。

「会ってご飯を食べるだけで〇万円もらえた」

「ホテルに誘われることなく安心した」

なんてことも書かれていますが、

100%信じるのはいかがなものかと思います。

感想とまとめ

犯罪など助長するものは論外として、需要と供給が満たされる、ある意味“市場”になっているのかもしれませんね。

しかし、ウマい話には裏がある訳で、安易に報酬がもらえるというだけで出会い系サイトの策略にハマるのは怖い話です。

ですので、ちょっと冷静になってその紹介しているサイトやブログを見て下さい。

ブログでしっかり見出しや話の流れがしっかり作られ、メリット・デメリットまで書かれ、最後にいい感じで誘導してくれるようなサイトやブログを作れる人が、

計画性が無く月々の支払いに困っていたり、数万円の自分へのご褒美が買えずに悔しい想いをしているとは思えないはずです。

(MLB)イチロー私服がダサおもしろTシャツ??海外の反応は??

スポンサーリンク

フォローする