【MINIクラブマン】税込み価格は344万円から11月発売

 MINIクラブマン

BMWビー・エム・ダブリューが新型「MINIクラブマン」を9月25日に予約注文の受け付けを始め11月7日から発売。

従来のMINIよりも一回り大きくし、実用性を高め、長距離で運転しやすくした。

従来はセカンドカーの役割が多かったが、新型クラブマンは家族での利用や大きめの車からの乗り換えなど新規ユーザーの開拓を狙う。

クロンシュナーブル社長は、「MINIクラブマンは改革のスタート。ブランドを変革し、MINIはトレンドセッター(流行の仕掛け人)であり続ける」と語った。

新型車は一回り大きくしながら、丸めのヘッドライトなどでMINIらしいデザインを踏襲。

MINIクラブマン

トランク容量は360リットルとした。エンジンには排気量1・5リットルと2リットルのターボエンジンを用意。

トランクは観音開きで、両手がふさがっていても足を車両下に出すとセンサーで検知して自動で開く。税込み価格は344万円から。

MINIクラブマン公式ホームページ

スポンサーリンク

フォローする