IS殺害「後藤健二」さんの一周忌法要をペット霊園でやった母(実母・順子)

WS000435

先月31日にイスラム国(IS)に殺害されたジャーナリストの後藤健二さんの一周忌の法要が行われた4日後、義父の石堂行夫氏が出入国管理法違反幇助の疑いで逮捕されました。

ref_l

後藤さんイスラム国に拘束されていた時、記者会見を行って一躍有名になった実母・順子さんにちょっと???ってなった方も多かったのではないですか?

その夫の石堂氏が逮捕されたことに対しても、やはり順子さんの対応はちょっと気になります。

スポンサーリンク

『主人は優しいのよ』

今回逮捕された石堂由行夫容疑者ですが、容疑は入国管理法違反幇助の疑いとあります。

自らが役員を務める会社でネパール人の男女を雇用していると偽り、彼らが在留資格を得るのを助けた疑いで逮捕されました。280万円以上の報酬を受け取っていた。

本人も容疑に対して認めているようです。

この逮捕に対し、妻・順子さんのコメントは

「もし、ネパール人の男女に、小学校に通っている小さな子どもがいるとしますね。で、その子が親の在留資格の都合で国に帰らないといけなくなってしまった時、今のまま日本の学校に通いたい、って言ったらどうします? 助けてあげるのが当然じゃないかしら」

「私だったら、『力になってあげたら』と言うかもしれない。転んで膝を擦り剥いている子に『お薬を塗ってあげたら』と言うのと同じ。主人は優しいのよ」

ペット霊園で一周忌法要

後藤さんの保養が行われた慈恵院は日本最大級のペット霊園で、元々動物供養のお寺で、ペットと一緒に眠りたい飼い主の希望で先祖供養もするようになったそうです。

そもそも、後藤さんがペット好きかどうかさておき、

後藤さんの兄・純一さんのコメントには

「父と石堂順子が離婚して以来、彼女とはここ二十数年、絶縁状態です。後藤家とは関係ありません。健二はクリスチャンですよ。お寺で法要をするはずがない。こういうことに関しては、『もう好きにして』という感じ。行夫が逮捕されたことに関しても、やっぱりなという思い。驚きはありません」

と明らかに、実母・順子さんの暴走であることは間違いなさそうです。

感想とまとめ

法要などを仕切るのは奥さんの役目かと思っていましたが、きっと色々あるのでしょうね。

そもそも、実母という呼び名自体に違和感を覚えます。

育ての親は他にいたのか?など考えてしまいますが、後藤さんがゆっくり眠ることが出来るのはいつになるのでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする