『進撃の巨人』石原さとみ・ハンジ役アニメを参考に

石原さとみ

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が8月に公開されました。

実写版となると本作に限らず、色々な意見や賛否などがありますね。

19日からは後篇が公開されていますが、すでに前篇では興行収入30億を突破。

そして今回特に注目されているのが兵器班長・ハンジ役の石原さとみの演技だ。

本人いわく「撮影の4ヵ月間、プレッシャーで吐きそうでした」という事だが、原作ファンの間でも人気のあるキャラクターを演じた胸の内を聞いた。

石原と『進撃の巨人』との出会いは、ハンジという役柄のオファーをもらってからだという。「もともとタイトルは知っていましたが『男の子が読む大人気マンガ』という認識ぐらいだったんです」と当時を振り返る。フラットな気持ちで読み始めたコミックだったが、一旦ページをめくると「ドハマリ」したようで「とにかく面白くて、続きが気になって『何を差し置いてでも、早く読みたい!』って気持ちになっちゃいました(笑)」と笑顔をみせる。

 一方で「ハンジをやるって分かって読み進めていったので、ハンジが出てくるシーンになると『私がこの役をやるんだ』という驚きや不安、怖さがありましたね」と心情を吐露。さらに「周りの友達に熱狂的な『進撃の巨人』ファンがたくさんいたんです。ハンジのファンも多くて、その子たちにすごいプレッシャーをかけられるんですよ」と苦笑い。そんな窮地を救ってくれたのが先輩俳優の言葉だという。「原作ものを多く演じられている方に、『キャラクターも大事だけれど、本として面白いかどうかを客観的な立ち位置でみたほうがいい』ってアドバイスをいただいたんです。それから台本の読み方が変わったし、樋口(真嗣)監督とキャラクターについて色々と話し合うことができました」。

 ハンジという役作りをしていく上で、アニメも非常に参考になったという石原。「最初は(アニメでハンジ役を演じている)朴ロ美さんが完璧に演じているので『どうしよう』って不安だらけだったのですが、現場ではずっとDVDを見て声のスピードとかトーンとか参考にしました。朴ロ美さんご本人からも、息遣いなどいろいろアドバイスをいただいて、助けて頂きました」。

 ハンジ役が決まってから、撮影、そして公開までの月日は石原にとって、これまで経験のないような時間だった。「撮影の4ヵ月間はプレッシャーに押しつぶされそうでした。客観的になった瞬間、プレッシャーに負けてしまうので、どうにかして嘘がないようにハンジを演じることだけに集中していました。毎カット毎カット挑戦しつつも『やりすぎかな』とか『もうちょっとやってみようか』みたいな試行錯誤を重ねていました」。

 石原が魂を込めて演じたハンジは、スクリーンで躍動。観ている人に強い印象を残す。「探究心の強いハンジのように、私もハンジをできる限りの方法を尽くして研究しました。動きや癖、しゃべり方、性格……かなり調べました(笑)」。そんな石原の執念ともいえる思いが、ファンに伝わった。公開が「ただただ怖い」とつぶやいていた石原だったが、封切り後のハンジに対する評判はすこぶる良い。

 劇場版前篇と後篇の間には、dTVオリジナルドラマとして、ハンジを描いたスピンオフが配信されている。この作品では立体起動装置が開発されるまでのハンジの苦悩や葛藤が描かれる。「映画では、自分の世界にどれだけ入れるかが重要でしたが、スピンオフは、コミックの好きなシーンや『このカットをやりたい』みたいなハンジに対する愛を前面に出した作品なので、すごく楽しんでできました」。スピンオフを含め、巨人の世界で個性を発揮し続ける石原ハンジの活躍に注目だ。(取材・文・写真:磯部正和)

(引用元/http://news.nicovideo.jp/watch/nw1802878)

【スピンオフ】連動ドラマ「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」

配信元
「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

スポンサーリンク

フォローする